TOP

一生に一度はお金を気にせず、風俗を溺れるほど利用してみたいものです・・・風俗を利用したり、体験談を読むたびに風俗の良さを改めて知るんです。この気持ち、当サイトにある体験談を読んでいただければ、少しは御理解いただけるかもしれません・・・。

出稼ぎ風俗店で悩みはあるのか

出稼ぎ専門の風俗店は出稼ぎを専門としているため、基本的には出稼ぎで地方から来た女性を採用している形が主だと思います。地元から応募があれば地元の女性も採用はしているんでしょうが出稼ぎを希望してくる女性程は多くないかもしれません。出稼ぎ専門の風俗店の悩みとしては長期で在籍してくれる女性が少ないという点ではないのかと考えています。出稼ぎで応募してくる女性で採用された場合、長くて1ヶ月の滞在をするというのをよく聞きます。ですのでその女子が在籍してくれている1ヶ月間は女性の在籍数を数えることが出来るので良いのですが1ヶ月後にはその女性は地元に帰ってしまうので、また人材の補給をしなければいけません。また出稼ぎを希望して応募してくる女性の多くは1週間や2週間の短期滞在が多く、中長期的な在籍ではないので常に人材の浮き沈みにやきもきしているのではないでしょうか。利点としては店舗に在籍する女性は各地方からくる女性ですので色が多彩で利用客にとって大きなポイントになりますし、今まで在籍している女性よりも新しい女性になるので、新しいもの好きな人は多いので常に新人が入れ替わる出稼ぎ専門の風俗店では利用客を飽きさせることがなく固定客を集めやすい環境ではあるのです。ですが、それは各地方の女性を慢性的に採用できている状態の場合であって、そもそも出稼ぎを希望する女性が少ない店舗では囲える固定客にも数は限られてしまうのではないでしょうか。新しい女の子に対して対応できる利用客には限りがあり、女性も人ですのでなかなか多数の対応は酷なものになります。出稼ぎ専門の風俗店では充実した女性在籍数を獲得できていないとかなり厳しい状況になってしまいます。ですので求人情報でも高待遇を謳って多くの求人応募を獲得していかなくてはいけないのです。これが原因で現在の出稼ぎ風俗店の求人情報では高待遇を全面的に押し出してる出稼ぎ風俗店が多いのです。話がそれましたが、出稼ぎを専門としている風俗店では地元の女の子の募集はどうしているのでしょうか。そもそも風俗業界の求人情報や店舗情報は法令により公に公開できません。ネット上での周知に頼らざる得ないので各店舗のサイトには多くの工夫が成されています。出稼ぎで来てくれる女性をメインターゲットにしているので地元の女性が出稼ぎを専門としている風俗店の情報は掴みにくく、あくまで地方の女性に向けた情報サイトですので地元の女性は集まりにくい状況になっているのです。出稼ぎ専門の風俗店の悩みは地元と言わず、中長期的に滞在してくれる女性がなかなか現れないことなのではないのかと推測してしまいます。


高級デリヘルの新規開店について

現在の日本国内の風俗店舗数は約20,000店舗はあると言われています。この数はあくまで許可書や届出書を出して運営しているお店の数なので、無許可や届出を出していない店舗は含まれていませんので、実際の数はもっと多いのかもしれません。そんな中で高級デリヘル店は何店舗あるかというと、それは正直な話わかりません。しかし、少なくても全国で数えても2,000店舗はあるかと思います。都内でも数百店舗はあり、その他都市部で転々としているのではないかと思います。運営できる場所が限られてしまう高級デリヘルは一般的なデリヘルに比べて店舗を開店する事が難しい業種なので一般のデリヘル店の数と高級デリヘル店の数に大きな開きが出来てしまっているのかもしれません。高級デリヘル店の開店はエリアもそうですが、そもそも商品となる女性キャストの集めるのにも一苦労です。高級デリヘルですので最低限抑えておきたいですが、高級デリヘルでは容姿だけが良くても採用されないのです。ルックスが良い女性は全国でどこでもいます。ですがルックスがよくてスタイルが良いとなると、その数は減少します。では更に絞り込んで、ルックス、スタイルが良くてマナーも守れる教養のある女性となった場合はどうでしょうか。恐らく半分もない数字だと思います。高級デリヘル店はエリアも然り、高級デリヘルの顔や商品になるハイレベルな女性の在籍が必要なのです。一般的なデリヘル店では可愛ければ誰でも採用されるので簡単に入店することが出来ますが、先にも述べたように高級デリヘルではルックス、スタイル、マナーなどの教養がないと入店できません。ですので開店前には商品を揃える必要がありますが、高級デリヘル店の場合は商品となるハイレベルな女性を確保しなくてはまず運営なんて出来ないのです。ですが、そんなパーフェクトな女が全国で何人いるんでしょうか。また、その中で高級デリヘルで働きたいと思ってくれる女性が何人いるんでしょうか。正直、あまりにも厳しい水準で採用活動していてもそのレベルに達しない女の子ばかりでは採用できず、お店を運営できません。かといって、採用基準を下げると商品の質も下がるのでなかなか簡単には作用基準を下げることは出来ません。高級デリヘルは新規で立ち上げる際は非常に難易度が高そうです。


ショートでも入ってみようかと思う

3連休の中日はソープに行こうと思い立ったがいろいろ物色してるうちに前日は店が決まらないままリザーブ無し状態に。こうなりゃ普段行かない所に行ってみるかとここのインフォメーションで良さげなキャンディガールに当日朝一TEL。第1候補の新人ちゃんは20時からと遅すぎて諦めたが、第2候補の女の子が13:30からとのことなのでその女の子でリザーブ。一時間前に確認のTEL、20分前に送迎ポイントまちあわせ、時間通り到着。TELでメルマガ登録ありを告げていたため受け付けで登録画面を見せ、総額を支払ったら、全く待たずにご案内。プロフィール通りのスリムな身体。すらっと伸びた脚は、脚フェチにはたまりません。パネマジは‥‥まあパネルはプロに撮ってもらってるからこんなもんでしょ。なので私は写メ日記のプロフィールの写真や動画を参考にしています。それからの予想からは外れていません。予想通り。なんだろう。一生懸命やってくれてることはわかるし、女の子のボディラインも好みなのですが、どうもダメでした。やはり攻めに対する女の子の反応が今一だったのが敗因か。時間配分も良くなかった。40を超えて2回戦がきつくなってきているのか?私にはソープの100分より、ヘルスの50分2回の方が合ってる様だ。いずれにせよショートのためにわざわざ遠征するのもあれなので、今度は地元の高級ソープのショートにでも入ってみようかと思います。